Artist

profile

小田島 等
Odajima hitoshi

1972年東京生まれ。
桑沢デザイン研究所卒業。1990年に「ザ・チョイス」入選。
1995年よりCD、書籍装丁等のアートディレクションを多数手がけると同時に、漫画やイラストレーションも制作。
著作に漫画『無 FOR SALE』(晶文社)、
古屋蔵人、黒川知希との共著『2027』(ブルース・インターアクションズ)、
監修本に『1980年代のポップ・イラストレーション』(アスペクト)。
タナカカツキ『オッス! トン子ちゃん3』にトリビュート・コミックで参加(ポプラ社)。
BEST MUSICとしてCDアルバム『MUSIC FOR SUPERMARKET』(Sweet Dreams)をリリース。
2010年6月には初の作品集『ANONYMOUS POP』(ブルース・インターアクションズ)を上梓。
近年では美術活動も精力的に行い現在に至る。

http://www.odajimahitoshi.com/
  • TrackBack (Close): -

profile

秦 雅則 
hata masanori

秦雅則は、撮影したそのフィルムをしばらく雨ざらしで放置し腐敗させるという工程をふんだり、
時にはピントを暈したりする事で、その「現実と虚構」との境界線を更にぼやかしながら、
生の時間を秦独特な湿度と乾きのバランスで濃厚に焼き付けている。
秦にとって「写真」とは、非常に純粋かつ共犯的な位置づけで無くてはならないものであり、
「写真」というフィルターを通しながら自身から生まれる写真により、
その「現実と虚構」、「現実と虚構との矛盾」を確認している。



1984 福岡県生まれ
2009 企画ギャラリー明るい部屋 設立
2011 企画ギャラリー明るい部屋 解散

主な個展歴:
2008年以前/個展多数
2009「ネオカラー」明るい部屋(東京)
   「キーキーなく悪魔」明るい部屋
   「秦雅則の説明書」明るい部屋
   「秦雅則の説明書」番狂わせ(東京)
   「秦雅則の説明書」count zero(東京)
   「幼稚な心」東京都写真美術館
   「幼稚な心」OPAアートコート(大阪) 
2010「角死」明るい部屋
   「死角」明るい部屋
   「愛してるっていって」
   「シニカル」明るい部屋
   「虹色とエロの破壊衝動的な」明るい部屋
   「目が見えない」blanclass(横浜)
2011「明るい部屋」明るい部屋
   「暗い部屋」明るい部屋
   「明ルイ部屋以降/超写実写真発表会」blanclass
   「秦雅則+端間沙織」artdish g(東京)
   「埋葬」新港村(横浜)

主なグループ展歴:
2008年以前/グループ展多数
2009「キャノン写真新世紀2009」せんだいメディアテーク(仙台)
   「キャノン写真新世紀2009」OPAアートコート(大阪)
   「ソウル×新宿ポートフォリオ展」韓国/nagune(新宿)
   「破壊する白と創造する黒」明るい部屋
   「ヤングポートフォリオ展」清里フォトミュージアム(山梨)
   「CULTIVATE #0」CULTIVATE(東京)
   「ウィンドウズ9月」明るい部屋
2010「性の話」明るい部屋
   「動物的+人間的=」明るい部屋
   「GAW展7」(兵庫)
   「ソウルフォト2010」Coex Hall(韓国)
   「ノーイメージ展」明るい部屋
   「コミュニケーション展」明るい部屋
   「A×Tpress出版記念の同時企画展」TAP(東京)/明るい部屋
2011「物質としてのイメージの可能性」明るい部屋
   「仮想のイメージとしての可能性」明るい部屋
   「フューチャー派展」明るい部屋
   「松本力+秦雅則 in 青柳龍太」青柳龍太(東京)
    アートフェア「Young Art Taipei」artdish g booth(台北)
   「鷹野隆大×秦雅則 展示とトーク vol.1」blanClass(横浜)
2012 アートフェア「ASIA TOP GALLERY HOTEL ART FAIR」artdish gブースより(香港)
   「鷹野隆大×秦雅則 展示とトーク vol.2〜3」blanClass

受賞歴:
2008 『写真新世紀』グランプリ

コレクション:
清里フォトミュージアム
_________________________________________________
masanori HATA

1984 born in Fukuoka
2009 establish a commercial gallery”Akarui Heya”
2011 dissolve a commercial gallery”Akarui Heya”

solo exhibition :
before 2008/a lot of
2009「NEO-COLOR」Akarui Heya(TOKYO)
   「Screeching Devil」Akarui Heya
   「an explanatory pamphlet about masanori Hata」Akarui Heya
   「an explanatory pamphlet about masanori Hata」Bankuruwase(TOKYO)
   「an explanatory pamphlet about masanori Hata」count zero(TOKYO)
   「Childish Heart」Tokyo Metropolitan Museum of Photography(TOKYO)
   「Childish Heart」OPA art cote(OSAKA) 
2010「KAKU-SHI」Akarui Heya
   「a blind spot」Akarui Heya
   「Please say I love you.」
   「cynical」Akarui Heya
   「Rainbow and Eroticism’s Devastate and Impulsive」Akarui Heya
   「I can’t see」blanclass(KANAGAWA)
2011 「Akarui Heya」Akarui Heya
   「Kurai Heya」Akarui Heya
   「after The Akarui Heya/Recital of Super Realistic Photograph 」blanclass
   「masanori Hata+saori Hatama」artdish g(TOKYO)
   「burial」shinminato mura(KANAGAWA)

group exhibition:
before 2008/a lot of
2009「Canon New Comos of Photography 2009」sendai mediatheque(SENDAI)
   「Canon New Comos of Photography 2009」OPA art cotre(OSAKA)
   「Seoul×shinjuku exhibition for portfolio」SEOUL/nagune(TOKYO)
   「The white of destroy and The black of create」Akarui Heya
   「Young Portfolio exhibitions」Kiyosato Museum of Photographic Arts(YAMANASHI)
   「CULTIVATE #0」CULTIVATE(TOKYO)
   「Windows in September」Akarui Heya
2010 「Story about Sex」Akarui Heya
   「Creatural+Humanly=」Akarui Heya
   「GAW 7」(HYOUGO)
   「Seoul Photo 2010」Coex Hall(SEOUL)
   「non-image」Akarui Heya
   「communication」Akarui Heya
   「A×Tpress Publication Party as Exhibition」TAP(TOKYO)/Akarui Heya
2011「Possibility for Image of Material Object」Akarui Heya
   「 Possibility for Image of Virtual」Akarui Heya
   「Futurism」Akarui Heya
   「chikara Matsumoto+masanori Hata in ryota Aoyagi」ryota Aoyagi(TOKYO)
   「Young Art Taipei」artdish g booth(TAIPEI)
2012「ASIA TOP GALLERY HOTEL ART FAIR」artdish g booth(HONGKONG)

award:
2008『Canon New Comos of Photography』the grand prize

collection:
Kiyosato Museum of Photographic Arts
  • TrackBack (Close): -

works

  • TrackBack (Close): -

profile

身体のエネルギーは想像を越える。私達の中には無数に感覚の路が存在し、感性が走り回っている。
実感のある感覚は雲のように次々と現れては、かたちを変え、時に流され、いつしか消えてしまう。
したたかな感覚とおおらかな感性たちを大切に拾い上げ、それをじっくり丁寧に味わいたい。
創作の中で生きることの根源を訪ねようとしているのかもしれない。
この複雑な世の中になっても変わることのないものを、いくつか拾い上げ、表現することができるだろう。
山ほどの身体感覚をあなたと触れていたい。  mariane


mariane(マリアーネ)

1982 ブラジル生まれ
2003 京都嵯峨芸術大学短期大学部 イラストレーションコース卒業

主な個展:
2008「mariane」Gallery itohen/大阪
2009「mariane」arts plus nymphs/大阪
   「セレンディビティ」arts plus nymphs
2010「食べる」studio-J/大阪
   「bom sonhos〜良い夢を〜」artdish g/東京
2011「ja dormiu ?」gallery jin/東京
   「人肌」studio J/大阪
2012「棲処」gallery jin/東京
2013「風の化石」studio J/大阪
   「耳鳴」TS4312※artdish g企画/東京、他

主なグループ展:
2008「琴平アートプロジェクト 虎丸社中」虎丸旅館 あざみの間/香川
2009「itohen推薦作家展ー三十六の瞳ー」Gallery itohen/大阪
   「what a wonderful project」海岸通ギャラリー・CASO/大阪
   「ヨッチャンの部屋vol.4 アトリエの音楽展」OZCギャラリー/大阪
2011 “young art taipei 2011”artdish gブース/台北
    “ultra 004”スパイラルガーデン/東京
   「shoes box ヨッちゃんビエンナーレ」de sing de/大阪
2012「巧術2.51」ラディウムレントゲンベルケ/東京
   「蠱惑ー巧術其之参」スパイラルガーデン/東京
   “ASIA TOP GALLERY HOTEL ART FAIR 2012”artdish gブース/香港
    “art fair tokyo 2012”gallery jinブース/東京
   「art court frontier #10」artcourt gallery/大阪
2013「美術ペニス」KUNST ARZT/京都
   “art osaka 2013”studio Jブース/大阪
2014 “young art taipei 2014”artdish gブース/台北、他
   
受賞:
「第10回 群馬青年ビエンナーレ2010」奨励賞(群馬県立美術館)


mariane.JPG (Ⅰ)
________________________________________
the energy of the body surpasses our imagination.
in our body exists an indefinite number of sensation tracs where runs our feelings.
actual sensations,jusut like clouds,appear one after another,change shap,flow with time,and disappear before long.
i would like to scoop up sturdy sensations and soft feelings with caution and savor them sloely and gratefully.
i have the feeling that doing so is a far better way for me to face my mind and soul than taking care of my body with supplements.
in my creation activities i am probably searching the source of “life”.
i could probably find and express sime things and values that remain permanent in this complex world.
with you,i would like to touch and feel the tremendous amount of sensations in our body.

mariane
1982 born in BRAZIL
2003 graduate from Kyoto Saga Junior College of art

Solo exhition:
2003  「LIBERATION」nymphs (OSAKA)
2005  「TSUKIYAMA」gallery Yamaguchi kunst-bau(OSAKA)
2008  「mariane」Gallery itohen(OSAKA)
2009  「mariane」arts plus nymphs(OSAKA)
2010  「eat」studio j(OSAKA)
 「BOM SONHOS」artdish g (TOKYO)
2011  「um beijinho」Gallery itohen
   「ja dormiu?」Gallery Jin Projects(TOKYO)

group exhibition:
2000 「PEAYOU VS SUMISO」SUMISO(OSAKA)
2001 「Puddles vs CLEAN BROTHERS〜ARTISTS INTIATIVE LINKS IN 2001 Puddles〜」SUMISO
2002 「CLEAN BROTHERS」SUMISO
2003 「NOROSHI」SUMISO
2004 「Red Brick Warehouse open ateller & exhibition」ARTS-APORIA(OSAKA)
   「Independent CASO Exhibition 2004」CASO(OSAKA)
   「ART CAMP in CASO」CASO
   「Weissraum VS Clean Broters」SUMISO
2005 「CREAN BROTHERS」SUMISO
「Weissraum & Clean Broters〜weiss〜」Weissraum(KYOTO)
2006 「Presentation & Exhibition」ARTCOURT Gallery(OSAKA)
2008 「Art project in Kotohira」TORAMARU RYOKAN(KAGAWA)
2009 「itohen’s recommend artists -36eyes-」Gallery itohen
   「what a wonderful project」CASO
   「Yocchan’s room/art studio of music」OZC gallery(OSAKA)
2010 「ART WORKS」studio-J
   「DOJIMA Art Osaka」studio-J
   「GUNMA Youth Biennale 2010」The Museum of Modern Art, Gunma(Gunma)
2010 「Winter session 2010」(Gallery Jin Projects(OSAKA)
2011 「YOUNG ART TAIPEI 2011」artdish g booth(TAIPEI)
   「ART OSAKA 2011」studio-J booth (OSAKA)
2012 「ASAIA TOP GALLERY HOTEL ART FAIR HONGKONG 12」for artdish g booth etc.,

award:
the 10th gunma biennale for young artists-promoter prize-/The Modern Art Gunma


  • TrackBack (Close): -

works

  • TrackBack (Close): -

profile

沢渡 朔 
Hajime Sawatari

日本大学芸術学部写真学科在学中より写真雑誌等で作品発表を始め、
日本デザインセンター勤務を経て、1966年よりフリーの写真家として活動を始める。
ファッション フォトグラファーとして活躍する傍ら『カメラ毎日』を初め数々の雑誌で作品を発表、現在に至る。

主な作品集:

『NADIA』 (朝日新聞社/1973年)
『少女アリス』 (河出書房新社/1973年)
『海からきた少女』 (河出書房新社/1979年)
『蜜の味』 (I.P.C/1990年)
『昭和/伊佐山ひろ子』 (宝島社/1994年)
『a girl』 (hysteric glamour/2000年)
『60's」』『60's2』 (ワイズ出版/2001年)
『hysteriec Ten』 (hysteric glamour/2004年)
『Kinky』 (Akio Nagasawa Publishing/2009年)、等


IMG_6259.JPG
     (「上海/黒田エイミ」2010年/artdish g )

  • TrackBack (Close): -

works

yuka01.jpg  yuka02.jpg
  • TrackBack (Close): -

過去の記事リストへ...

g

Search
Feeds

Page Top