> 秦雅則

Artist

profile

秦 雅則 
hata masanori

秦雅則は、撮影したそのフィルムをしばらく雨ざらしで放置し腐敗させるという工程をふんだり、
時にはピントを暈したりする事で、その「現実と虚構」との境界線を更にぼやかしながら、
生の時間を秦独特な湿度と乾きのバランスで濃厚に焼き付けている。
秦にとって「写真」とは、非常に純粋かつ共犯的な位置づけで無くてはならないものであり、
「写真」というフィルターを通しながら自身から生まれる写真により、
その「現実と虚構」、「現実と虚構との矛盾」を確認している。



1984 福岡県生まれ
2009 企画ギャラリー明るい部屋 設立
2011 企画ギャラリー明るい部屋 解散

主な個展歴:
2008年以前/個展多数
2009「ネオカラー」明るい部屋(東京)
   「キーキーなく悪魔」明るい部屋
   「秦雅則の説明書」明るい部屋
   「秦雅則の説明書」番狂わせ(東京)
   「秦雅則の説明書」count zero(東京)
   「幼稚な心」東京都写真美術館
   「幼稚な心」OPAアートコート(大阪) 
2010「角死」明るい部屋
   「死角」明るい部屋
   「愛してるっていって」
   「シニカル」明るい部屋
   「虹色とエロの破壊衝動的な」明るい部屋
   「目が見えない」blanclass(横浜)
2011「明るい部屋」明るい部屋
   「暗い部屋」明るい部屋
   「明ルイ部屋以降/超写実写真発表会」blanclass
   「秦雅則+端間沙織」artdish g(東京)
   「埋葬」新港村(横浜)

主なグループ展歴:
2008年以前/グループ展多数
2009「キャノン写真新世紀2009」せんだいメディアテーク(仙台)
   「キャノン写真新世紀2009」OPAアートコート(大阪)
   「ソウル×新宿ポートフォリオ展」韓国/nagune(新宿)
   「破壊する白と創造する黒」明るい部屋
   「ヤングポートフォリオ展」清里フォトミュージアム(山梨)
   「CULTIVATE #0」CULTIVATE(東京)
   「ウィンドウズ9月」明るい部屋
2010「性の話」明るい部屋
   「動物的+人間的=」明るい部屋
   「GAW展7」(兵庫)
   「ソウルフォト2010」Coex Hall(韓国)
   「ノーイメージ展」明るい部屋
   「コミュニケーション展」明るい部屋
   「A×Tpress出版記念の同時企画展」TAP(東京)/明るい部屋
2011「物質としてのイメージの可能性」明るい部屋
   「仮想のイメージとしての可能性」明るい部屋
   「フューチャー派展」明るい部屋
   「松本力+秦雅則 in 青柳龍太」青柳龍太(東京)
    アートフェア「Young Art Taipei」artdish g booth(台北)
   「鷹野隆大×秦雅則 展示とトーク vol.1」blanClass(横浜)
2012 アートフェア「ASIA TOP GALLERY HOTEL ART FAIR」artdish gブースより(香港)
   「鷹野隆大×秦雅則 展示とトーク vol.2〜3」blanClass

受賞歴:
2008 『写真新世紀』グランプリ

コレクション:
清里フォトミュージアム
_________________________________________________
masanori HATA

1984 born in Fukuoka
2009 establish a commercial gallery”Akarui Heya”
2011 dissolve a commercial gallery”Akarui Heya”

solo exhibition :
before 2008/a lot of
2009「NEO-COLOR」Akarui Heya(TOKYO)
   「Screeching Devil」Akarui Heya
   「an explanatory pamphlet about masanori Hata」Akarui Heya
   「an explanatory pamphlet about masanori Hata」Bankuruwase(TOKYO)
   「an explanatory pamphlet about masanori Hata」count zero(TOKYO)
   「Childish Heart」Tokyo Metropolitan Museum of Photography(TOKYO)
   「Childish Heart」OPA art cote(OSAKA) 
2010「KAKU-SHI」Akarui Heya
   「a blind spot」Akarui Heya
   「Please say I love you.」
   「cynical」Akarui Heya
   「Rainbow and Eroticism’s Devastate and Impulsive」Akarui Heya
   「I can’t see」blanclass(KANAGAWA)
2011 「Akarui Heya」Akarui Heya
   「Kurai Heya」Akarui Heya
   「after The Akarui Heya/Recital of Super Realistic Photograph 」blanclass
   「masanori Hata+saori Hatama」artdish g(TOKYO)
   「burial」shinminato mura(KANAGAWA)

group exhibition:
before 2008/a lot of
2009「Canon New Comos of Photography 2009」sendai mediatheque(SENDAI)
   「Canon New Comos of Photography 2009」OPA art cotre(OSAKA)
   「Seoul×shinjuku exhibition for portfolio」SEOUL/nagune(TOKYO)
   「The white of destroy and The black of create」Akarui Heya
   「Young Portfolio exhibitions」Kiyosato Museum of Photographic Arts(YAMANASHI)
   「CULTIVATE #0」CULTIVATE(TOKYO)
   「Windows in September」Akarui Heya
2010 「Story about Sex」Akarui Heya
   「Creatural+Humanly=」Akarui Heya
   「GAW 7」(HYOUGO)
   「Seoul Photo 2010」Coex Hall(SEOUL)
   「non-image」Akarui Heya
   「communication」Akarui Heya
   「A×Tpress Publication Party as Exhibition」TAP(TOKYO)/Akarui Heya
2011「Possibility for Image of Material Object」Akarui Heya
   「 Possibility for Image of Virtual」Akarui Heya
   「Futurism」Akarui Heya
   「chikara Matsumoto+masanori Hata in ryota Aoyagi」ryota Aoyagi(TOKYO)
   「Young Art Taipei」artdish g booth(TAIPEI)
2012「ASIA TOP GALLERY HOTEL ART FAIR」artdish g booth(HONGKONG)

award:
2008『Canon New Comos of Photography』the grand prize

collection:
Kiyosato Museum of Photographic Arts
  • TrackBack (Close): -

過去の記事リストへ...

g > 秦雅則

Search
Feeds

Page Top