> 宇野亜喜良

Artist

works

uno2.JPG  uno-4.jpg  uno-5.jpg
  • TrackBack (Close): -

profile

宇野亜喜良
akira Uno

1934 名古屋に生まれる
1952 名古屋市立工芸高等学校図案科卒業
1955 カルピス食品工業広告課入社
1956 日宣美展で特選、東京会員となる
1957 カルピス食品工業退社、フリーランスのデザイナーとなる
1960 日本デザインセンター設立とともに入社 日宣美会員賞受賞
1964 日本デザインセンター退社 横尾忠則、原田維夫と共にスタジオ・イルフィル設立
1965 スタジオ・イルフィルを解散し、スタジオRe設立、主にMaxFactorの広告を担当
   「グラフィックデザイン展ペルソナ」に参加
1966 東京イラストレーターズクラブ賞受賞
1968 スタジオRe解散
1982 講談社出版文化賞挿絵賞受賞
1989 サンリオ美術賞受賞
1992 第6回赤い鳥挿絵賞受賞
1999 紫綬褒章受賞
2008 第13回日本絵本賞受賞


主な出版:
『宇野亜喜良の世界』(立風書房)
『宇野亜喜良マスカレード』(美術出版社)
『LUNATICO』(新書房)
『宇野亜喜良全エッセイ・薔薇の記憶』(東京書籍)
『宇野亜喜良60年代ポスター集』(ブルース・インターアクションズ)
『MONO AQUIRAX』(愛育社)
『恋愛 L'amour』(エクリ)
『サロメ』(エクリ)


主な絵本:
『あのこ』(理論社/文・今江祥智)
『小さな青い鳥』(ポプラ社/文・今江祥智)
『白雪姫』(ミキハウス/訳・種村季弘)
『白いサーカス』(ほるぷ出版)
『おみまい』(ビリケン出版/文・矢川澄子)
『ぼくのスミレちゃん』(旬報社/文・今江祥智)
『踊りたいけど踊れない』(アートン/文・寺山修司)
『上海異人娼館』(アートン/原作・寺山修司)
『ジャミパン』(アートン/文・江國香織)
『白猫亭』(小学館)
『美女と野獣』(アートン/原作・ボーモン夫人)
『悪魔のりんご』(小学館/文・舟崎克彦)
『おばあさんになった女の子は』(講談社/文・石井睦美)


小説の挿絵、書籍の挿画・装丁、舞台・映画のポスター等のイラストレーションを
はじめ、 個展開催多数、キュレーターや舞台美術、芸術監督等も務め現在に至る。

uno-tenji-1.jpg uno-tenji21.jpg
             (「秋の歌」2008年/artdish g )
  • TrackBack (Close): -

過去の記事リストへ...

g > 宇野亜喜良

Search
Feeds

Page Top