> 展示 > 2008.06  松本力+irishcream+オルガノラウンジ「Time Vogan 未来からの帰来」

2008.06  松本力+irishcream+オルガノラウンジ「Time Vogan 未来からの帰来」

2008年6月20日〜7月6日

「時間の不可逆性について 時間は空間 空間はボクとキミ オレとオマエ
ワタシとアンタ 結果は原因を 生むために未来から帰って来る さようなら、
さようなら、さようなら そして それから であうのだから もうすこしたてば 
わすれてゆくから そうしたら こいしくおもう あらあらしく はかないねがいを
こころがまどう きわにあって かなえるとき 時間の暴願か儚願か 慕岸か暮岸か」

vogun.jpg


 
映像とテキスタイルと音楽によるコラボレーションにおいて
時間の不可逆性について考えることもそれぞれの表現による試みで、
もしかしたら時間は未来から過去へ、結果が原因も生成するように流れていると
意識できたら、をテーマとした展覧会です。
テキスタイルによる風景の中で木製のタイムマシーンにのってアニメーションと
音楽もいまという過去に帰りつつある可能性の空間が、いま、
生成しつつあることを体現します。


松本力(映像)
何百枚の手描きと透過光による撮影で作られたアニメーションで、
絵の映像表現をめざす。ないものがあるような、あるものがないような、
映像と音の空間表出を行う。

irishcream(テキスタイル)
安食真と告鍬陽介の二人によるテキスタイルデザインユニット。
東に無地の人あれば 行って豚の柄を描いてやり、
西に渋谷や新宿あれば 行って虫柄のティッシュを配り、
南に流行服をまとう人あれば つまらないからやめろと云い、
北にハイビスカスの柄をきた人あれば 心配することはないと云う。
つまりは未来世紀総柄を声高に叫び、ラジカルでジャンボリーな
総柄や柄服の制作を行う。

オルガノラウンジ(音楽)
エレクトロニカ・バンド。手作りエレクトロニカを信条とし楽曲制作を行う。
2008年6月5thアルバム「cosmos(コス・モス)」をリリース。
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

Trackback:1 Trackback

TrackBack URL for this entry
http://blog.artdish.co.jp/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=201
Listed below are links to weblogs that reference
2008.06  松本力+irishcream+オルガノラウンジ「Time Vogan 未来からの帰来」 from g
トラックバック
プラダ アウトレット
プラダ アウトレット: g - 2008.06  松本力+irishcream+オルガノラウンジ「Time Vogan 未来からの帰来」
2013/07/10 10:10

> 展示 > 2008.06  松本力+irishcream+オルガノラウンジ「Time Vogan 未来からの帰来」


Search
Feeds

Page Top